FC2ブログ

2年10組 清水学級

高校2年のとき、清水泰樹と言うダンディな先生が担任で、英語の好きだった私は更に頑張ったのを覚えています。
別に清水先生が好きってわけではなかったのですけど・・・
当時(今もそうかな?)の英語はリーダーとグラマーと英作に分かれていて、リーダーが清水先生で、グラマーが古田先生、英作文は森本先生でした。私の記憶合ってるかな?
そういえば、かなり前に古田先生が亡くなられたと同窓会名簿に書いてあった。多分先生が30代くらいだったかな?古田先生と地理の「金魚さん」というあだ名の先生(鈴木先生)が同じ時期に亡くなられていたと記憶している。
どちらもすごい先生でした。古田先生のグラマーは「英語の基礎」という参考書を使い、出てくる英文を全部暗礁していかないと、テストに答えられない感じだった。だから、頑張りましたね~。丸暗記していけば相当いい点が取れたんで。




続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

数学の青鬼

さて、高校時代の思い出に残る名物教師陣の話。
筆頭は赤鬼・青鬼と呼ばれた数学の先生二人のうち、私が3年を担任してもらった西内明先生(青鬼)!

2年で初めて西内先生に習った。恐かった~数学の授業で立たされてばっかり、一回先生の質問が早すぎて答えられなかったことがあり、もうちょっとでわかるのにって思って立ちながら泣いたことがあった。
その時、先生は「泣くぐらい悔しいと思ってみろ」って皆に言った。『私は悔しい!』って思ってましたね。
皆、結構立たされても平気になってたのかな?先生は私が泣いてるのを知っててそう言われたのなら、私のことちょっとは根性あると思われてたかも。
『林』の如く、皆立たされてた。「立ってる人が邪魔で黒板が見えへんやん」ってくらい立たされてたなぁ。
全列一通り立ってしまうと「スワレ」って言われた。
どんだけ予習していったって先生が変化球で聞いてくるから、ほんま恐かった

続きを読む

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

天高25期

私が入学した天王寺高校は「天高」と呼ばれ、大阪では結構名門の高校でした。家から15分くらい歩くと行けたので、朝寝坊の私にはもってこいの場所にありました。8時10分頃に家を出てたかな。あんまり早く行くのは好きではなかったので、ぎりぎりまで家にいました。美章園という駅を通るので同じ高校の人や近くの府立工芸高校の人とよく会いました。電車通学の友だちを羨ましく思ったのは、定期を持ってること。

高校2年のとき、制服が自由化されて、仲良しの子は翌日から、かわいい私服を毎日着てきたけど、私は冬になるまで制服着てたと思う。冬はセーターとジーパンで行けてうれしかった!寒がりなんで(笑)


テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

中学時代の先生

担任ではなかったけど、印象深い先生を書いておきます。

中1のときに地理を習った村家先生。

背が高くて野球部の顧問をしてたと思う。一番かっこよかったと思うんだけど・・・個人差があるかな。
それでも、授業が面白いのがよかったです。ユーモアのある授業は大好きでした。
板書するときに下線部を引きながらヒューーーペタン!と言って句読点を付けてました。あれ、面白かった。

英語の萩原先生、奥さんがスチュワーデスって言ってた。綺麗な奥さんだろうなって想像してました。発音が良くて林隆三みたいな感じ?の先生。

2年のときの橋本先生には理科を習ったけど、もぐらってあだ名付けられてあまり皆に好かれてなかったような。

3年の担任の尾形先生。怖かったし、好きじゃなかったけど、生徒を何人か家に呼んでくれたときは、温かい先生だなって思った。やっぱり、怖いけど、いい先生だった。
「今のままだと天高に行けない」とうそをついてまで、私に勉強させようとした。母が私にばらしちゃったよ。
ちょっと腹立つ行為だけど、しかたないかな。私って大丈夫だと思ったら、すぐさぼるからね。










テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

鹿島先生

当時中学校1年の時は学校が遠くて20分くらい掛かって歩いて行ってました。
3つの小学校から生徒が集まったので、私の小学校が一番遠かったということです。分校と呼んでいましたが、本校は少し近くなって15分くらいで行けるところにありました。

1年は15クラスありましたが、2年からは本校に全員行くことになっていました。
ところが、私たちの学年が2年になるときに、本校と分校が分かれ、分校が独立するということになりました。
だから本校に新しい1年から3年まで通うこととなり、分校は名前も変わって新しい中学となりました。
だから2年から分かれてしまった友達も数人いました。

中1のときの担任が鹿島正洋先生。強烈なインパクトがありました。
それまでも、またそれからもあんな先生は会ったことがない。
国語の先生でしたが、ホームルームで色んな話をされたり(普通かな)、国語科を持ってるクラス全員に日記を書かせて全部読んでコメントを書いてくれたりしていました。
若かったけど(30歳くらい)、今の西村雅彦さんのような髪型で、声は高くて大きな声、目をカッと見開いてしゃべる先生。人のIQなんぼってクラスで言っちゃう人。(私は犠牲になりましたが、私よりIQ高かった人が私より成績が悪いっていう話で、その人が努力が足りないって言いたかったみたい。なんで私を引き合いに出すの?って思ったりして・・しかし、今なんでそんなこと思い出したんだろう、封印してた引き出しが引っ張りだされた感じです)
結構ワンマンなタイプの先生。成績のいい子が多かった我がクラスで先生が燃えるのも無理なかったかも?
体育祭も優勝目指して突進!って感じ。優勝したんだったっけ?

いいクラスだったけど、何故かクラスの同窓会一回も集まってないね。
学年全体の同窓会はあったけどね。でも、それは本校に行った人だけの同窓会か・・・・

副学級委員長だった私なんかのせいかな?幹事が声掛けないと同窓会って始まらないんだよね。2年から学校が分かれたからやりにくいんだよね。卒業式も別だったし、アルバムもないもんね。
あの先生どうされたかな?

高1のとき、7月の期末テストのあと、鹿島先生の教え子さんに英語の家庭教師をお願いしたことがあった。お忙しいとのことで夏休み限定だったけど、大阪外大の学生さんが来てくれた。おかげで2学期から英語のリーダーがすごくわかるようになりました。英語は予習が大事だってことがわかった。(笑)
鹿島先生に家庭教師お願いしたいって電話したときに、私が教えるのかって勘違いされたのを覚えています。先生私のこと、賢いって思ってくれてたのかな?(笑)なんぼなんでも高1の子が家庭教師のアルバイトするかよ~!笑

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

書道の先生 -その後ー

お習字というのは小学校で終わったのですが、中学か高校生の時期、ひょっとして大学生だったかな?また、書道を習いに行きました。なんでまた習おうと思ったのか、それも思い出せない。私、そんなにお習字が好きだったのかな?

次に行った教室の場所はよく覚えてるし、先生もおばあちゃん先生だったことは覚えてる。隣に歯医者さんの看板があったのも覚えてる。先生が田中先生だったのか、歯医者さんが田中歯科だったのか、覚えてない(笑)
そこでよく「かな」の練習をしたことを覚えてる。細筆で書くのが好きだった。百人一首とかで聞き覚えのある和歌とかを草書体で書くのが好きだった。そういえば子供の頃習ってたときもそういう字を書いていた。高学年になってからだけど。それをまた書きたくて習いに行ったかもしれない。

続きを読む

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

そろばんの先生

何年生から習ったかな~?多分3年か4年だったと思うけど・・
そろばんは浜本先生に習いました。お習字も女の先生でしたが、そろばんも女の先生でした。

最初の頃の教室の感じとか、6年でやめる前のこととか、結構よく覚えています。

級を取りに行ったときのあの緊張感。今まで忘れていたけど、今蘇りました。伝票を繰ったりしたな~。
結構普段はころっと忘れているものですね。あんな記憶話のネタにも使わんもんね。

段々高学年になると自分の級のクラスにあまり出たくなくて、大人や上級の人たちがやってるクラスの時間に出て、私ひとり壁際で孤独な戦いをしていました。っていうのは、クラス外の人はそこで個人で自分の練習をするのです。
同じレベルの人たちと競争するのが嫌だったのかもしれない。
そろばんなのに文章題が段々出てくるようになって、それって結構小学生にしては難しいんですね。
ひとりだと自分のペースで出来るので、敢えて自分のクラスに出なかったのかも。

6年生の途中で2級だったので、「もうやめてもいいかな。勉強も忙しいし、」って母に言ったら、
「一緒に行ってやめるって言ってあげるわ」と。

将来数学がよくわかったのは、そろばん習ってたお蔭かも。

そろばんってもう学校ではやらないのかな~?授業中に電卓使うって聞いてびっくりです。

昔のそろばんまだ大事に持ってますけどね。宝物やね。捨てたくないな。

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

お習字の先生

小学校2年くらいかな~4~5分歩いて行ったところの森○先生にお習字を習うようになりました。

明るくて面白い先生でした。朱色で直すときの先生の字がとても素敵でした。魔法のようだなって感動。

ある時、大変な事件が起こりました。

私は小さい頃から蜘蛛が嫌いで、怖くて仕方が無い。

突然、大きな蜘蛛が先生のおうちの一階、即ち、教室の部屋に現れて、私たちが立って怖がってると、先生の座ってた机の下へ行きました。

足を伸ばすと10cmくらいの蜘蛛。

先生、なんと座ったまま素足で蜘蛛を踏み潰そうとして、何度も足で蜘蛛を追っかけています。

蜘蛛だってそんな大きな足が追いかけてくるとは思ってなかったでしょうね。必死で逃げて行きました。

蜘蛛が怖かった私は、先生のしたことが信じられなかったです。



テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR