FC2ブログ

中国・漢詩

「中国 名言・名詩」という本を図書館で借りた。
だいたい漢詩というのが高校時代に好きだったと思う。
返り点とか数学的にパズルのようなものが好きだから・・・
中国の孔子とか杜甫とか有名な人の格言や漢詩の本。
言葉も1ページ、解説も全部1ページ、見開きで話が終わるのでいつでもどこからでも開きやすい。

解説の中に「世界の中心で愛しか叫ばない日本文学に比べて、
世界の中心で正義を叫ぶのが中国文学」というくだりがあり、
文化の違いを考えながら読むのはすごく面白いと思った。
「世間の無理解や自分の不運を大げさに嘆き、四面楚歌の中でも正義を貫き、自分の信じる道を孤高に歩むことを宣言する中国詩には日本文学にはない力強さがみなぎっています。」
「もしも現代の日本人が中国詩に心引かれるとしたら、中国の詩人たちの迷いのなさ、自己主張のブレのなさゆえかもしれません。」とあった。

これは素晴らしいと思う言葉や漢詩を、いつもの書きとめ帳に書いておこう。
早速、魏徴の「中原還た鹿を追う 筆を投じて戎軒を事とす
縦横の計は就らざれども 慷慨の志は猶お存す」に感動。
そして同じく「人生 意気に感ず 功名 誰か復た論ぜん」
もいい。

日本人も志の高い人間を育てていかないと国滅ぶべしって感じかな~
若い人たちが深い哲学もなく、目先のことだけを考えて、自分たちの楽しみだけを追いかけて生きていくようになってしまわないかと心配です。
政治にも関心を持ち、正しいことを正しいと言える勇気を持って生きていくこと。あるいは少なくとも自分が正しいと思うことは正しいと言える勇気を持つこと。
一つは今の中年以上の私たちが良きお手本となり、若い人たちに人生を語れるようになることが大事なんじゃないかな~

大きなことを言える自分ではないですが・・・苦笑
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2019年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR