FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩について

>最近次男の古典の教科書を読んでて見つけた漢詩。
「春夜」という題の蘇軾(そしょく)の詩
3日の夜だったかな、昼間は黄砂で曇り空、すごく見通しが悪かったのに、夜中の12時頃外に出たら、満月に近いお月様が明るく照り輝き、夜空も晴れてあまりに美しいと思ったので、この詩を思い出した。

春宵一刻値千金 花に清香有り月に陰有り
歌管楼台声細細 鞦韆院落夜沈沈

私には想像つかない世界のことなんだけど、大体の情景はなんとなく思い描けるかな。詩っていいなって思った今日この頃。昔あまり得意でもなかった古典の中では、結構読み下すのが好きだった漢詩。

詩ってもっと身近に誰でも自分の詩を書いたらいいと思う。
昔有名な詩を暗誦させてくれた中1の時の担任。国語の教師。暗誦するまで詩を何度も読むっていい事だと思うんだけどなぁ。
かなり文化的で日本語を愛せるようになると思う。
歌のようにメロディーがある詩は覚えやすいけど、もっと格調高い内容の詩ならもっともっと人間の心を豊かにしてくれるような気がする。
だから世界桂冠詩人の詩は最高だなぁ。世界中の詩人が好んで読む詩ってすごいと思う。
日本では詩を朗読したり暗誦したりする文化はほとんど無くなってしまったのではないかしら。残念なことだと思う。

20才の頃、「青年の譜」という詩を暗誦した。すごく長いので一瞬だけ全編暗誦できたような・・できなかったような・・
それでも詩の内容を何度もかみしめて憶えようとしたことは今でも忘れない。作者の魂の訴えがあり、命に響く言葉があり、言葉に躍動のリズムがあった。仲間が一緒に暗誦するのも楽しかった。

鹿島(和夫)学級の子供達が書く詩も大好きだった。図書館で借りて次々読んだ。うちの子らにも読んであげた。詩がすごく身近に感じれた。かわいかった。純粋かつ純朴。
子供の感性を研ぎ澄ます何かを教師は持っていないといけないと思う。

そういえば、鹿島先生って私が中学1年のとき担任だった先生と同じ名字だわ。鹿島先生今どうしていらっしゃるかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。