FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月22日


3/22は結婚記念日だったんだ。今気が付いた。何もしなかったけど、ま、いいか。25周年にも何もしない夫婦でしたから・・

22日の朝6時、高速バスが京都駅前に着いた。
K特急という便利なおけいはんができたので、枚方市駅まで3駅で着いた。家には7時頃着いた。ほっとした。
昨夜高速バスの乗り場がなかなかわからなくて焦った。降りたところで待ってても誰も来ないし、バスも来ないし、11時30分発なのに、11時20分からうろうろ探して5分くらいで見つかった。冷や汗たらり~ん!でした。

3月20日、卒業式の日は雲一つない青空で、友達の最寄り駅、国立から八王子までの電車の中から、美しい白雪をすっぽりかぶった富士山が素晴らしくよく見えた。こんな風によく見えることは珍しいよって友達が言ってた。諸天も寿ぐ晴天でありました。
大学内までバスで行けたので、時間が助かった。9時半ごろ到着。次女に少しだけ会うことができて、数枚記念写真を撮れた。

時間があるので、富士山の写真を撮りに、本部棟の見学に行った。本部棟の玄関の中のヴクトル・ユゴーの像の前で、歓迎の歌の練習してるグループがあったので、何度かリハーサルをしてるのを見ていた。暫らくして来賓が入って来られて、学生や留学生の歌う歓迎の歌を嬉しそうに聴かれていた。多分スペイン語だったかな?来賓はベネズエラから来られた二つの大学の学長等の御一行であることがあとでわかった。
今回は卒業式が2部形式で行われた。2部では創立者に名誉学術称号が二つ同時に授与されるという快挙が行われた。
ラファエル・べジョソ・チャシン大学のべジョソ学長は非常に明るい人で、授賞の盾を高く掲げて嬉しそうに皆に見せてから創立者に手渡していた。授賞の辞もゆっくりと読み上げて、一文ずつ通訳させていた。翌日新聞に載った写真もとてもうれしそうに笑っている。

サンタマルコ大学のペニャ副総長の授賞の辞も素晴らしく、感激で涙が出てしまったくらいだ。地球の反対側からわざわざ卒業式に合わせて来ていただき、大学を卒業する学生達の前で、創立者を称えまくってもらいました~~~!何で日本のマスコミはこんなにも偉大な人物を日本社会の中でちゃんと報道しないのかがわからない。授賞の辞の中で、創立者はもうじきノーベル平和賞をもらわれるに違いないとまで言われていたので、もし、そうなれば日本の社会も創立者の業績を隠しきれなくなるだろうと思う。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。