FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の仕事

父は自営業で、学生鞄を作っていました。
畳2畳分弱くらいの大きさの牛革を和室に広げて、一番沢山鞄が取れる置き方に印をつけていたように思います。
幅6cmほどの木の長いサシがあり、皮を切る包丁を使い、ばん板の上で切っていました。

鞄作りの道具など、父の遺品


我が家は6軒長屋の端から2軒目。幅が2間ほどで奥行きが長かった。奥にあった前栽を無くし、板の間にして作業場に当てていました。母も手伝っていました。

いつも父が奥の部屋にいて、歌のうまい父はいつも歌ってました。母は父のそばにいて手伝うか、台所で食事を作るか、買い物に行ってるかであまり一緒に遊んだりしてくれない母でした。

小さい頃はよく買い物について行き、ちりめんじゃこや、荒く削った鰹節を店先からそっと取って(盗んでとも言う・笑)食べていました。当時、ちりめんじゃこは一升マスで量リ売りだったと思います。鰹節も大きな金属製のスコップですくって紙の袋に入れて、量りで量ってたように記憶しています。
商店街という所をブラブラ母について回るのが好きでしたね。

私が小学校の2年くらいまでは、弟子入りした職人さんが、約7人ほど、大半が住み込みで、二階に寝ていました。食事のときは家族3人を入れると10人くらいでした。人数が多いから、母は朝に昼にと買出しに行っていたようです。

父は15歳から丁稚奉公をして、鞄作りの技術を身につけ、20歳くらいの時に早々と独立して、知り合いや親戚の人を雇い、弟子として鞄作りを教えていきました。

当時、高校生がよく持っていたような鞄がそうです。今はどんな鞄を持ってるかな?
当時全部手作りで、色んな細かいアイデアは、父が出して自分で作っていました。

もちろん、私のも父が作った学生鞄でした。
色はグリーンだったと思います。

                           
スポンサーサイト

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。