FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が入院してあっと言う間に1週間が・・・

4月2日の夕方、父がろれつのまわらない口調で何か言ってる・・・!
「お父ちゃん、もうあかんわ」って言うのだけわかった。
それに「鍵持って直ぐ来て!」と聞き取れた。
どうしようどうしようと気が焦った。
主人に電話してすぐ言ってと言ったけど、その後で鍵は私が持ってるから、
うちまで帰ってきてもらうことに・・・
主人がうちに帰ってきたら、実家に行くのに1時間半はかかる。
それまでに息絶えたらどうしようと思ったので、救急に電話して父がろれつのまわらない口調だったこと、一人住まいで鍵が掛ってること、玄関まで行けないような感じだったことを伝えた。
結局、パトカーと消防車と救急車が行ってくれたらしい。
僅か4~5分で家に着いたと電話があり、玄関を破って入っていいですかと聞かれた。いいです!と答えたけれど、後から聞いた話では、はしご車のはしごで二階に上がり、サッシを割って鍵を開け、2階から入って一階の父を玄関から担架で運び出し、玄関は鍵を掛けてくれていた。また、2階の割ったガラスはガムテープで一応元通りに貼り付けてくれていた。すごい。
そのあとも10分も掛らず病院に到着したことや、病院の名前を教えてくれた。
父からの電話が5時ごろで私たちが病院に着いたのは7時過ぎ。
すでにCTを撮っていたが、脳梗塞はすぐにはCTに写らないとのこと。
MRIを撮る事になった。あとでわかったけど家でもかなり吐いていたが、病院でも吐いていた。検査の結果は右小脳梗塞。脳幹に近いところなので生命の危険が伴うらしい。
翌日くらいに小脳の腫れが収まらないときは緊急手術もさせてもらうと言われた。
幸いにしてこの1週間では手術するほどのこともなく、一応収まってきてるらしい。

入院から3日後、土曜日のCTでは新たに左側頭葉の梗塞が見付かった。
ここは言語をつかさどるところなので後遺症として失語症や悪いときは認知症にもなる可能性があると言われた。右はどうもないのに、だめなんですか?と聞くと、右利きの人は言語中枢が左側頭葉にあるんですと言われた。
毎日、光善寺から淀屋橋、地下鉄あびこまで父に会いに行っている。
看病というのはまだ実感がない。ICUなので看護師さんたちが献身的にやってくれている。
ICUであんな大部屋は初めて見た。ベッド数は10くらいかな。
昼前後の1時間と夕方6時半から30分が面会時間。
最初は昼から行って、夕方にも会って帰ってきたが、昨日から昼に行って夕方は娘達が交代で行ってくれている。
今日の夕方は長女がゼリーを食べさせてあげたと電話があった。看護師さんにはいやいやしたのに長女からは全部食べてくれたと喜んでいた。
まだ、言葉がはっきりしない。何かしゃべってくれるときもあるが、意味不明。わかれへんと言うと父も黙ってしまう・・・・犬語でもわかる機械があるんだから、ろれつのまわらない人間の言葉を解読してくれる機械があったらいいのにと思った。

とりあえず命は助かったのでよかった。
大変かもしれないけど、生きててくれるだけでうれしい。
これから絶対親孝行させてもらいたいと思っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ペガサスママ

Author:ペガサスママ
大阪のおばちゃんです。
面白い話を思い出したらボチボチ書いていこうと思います。
昨日のことより子供の頃の話が鮮明だったりします(笑)

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2018年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
my favorite
私が使っているもの
無添加化粧品はHABAで
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。